Facebookアカウントなしで登録できる婚活アプリは危険!?

婚活アプリには、

Facebookありで登録するもの

Facebookなしで登録するもの

と、主にこの2種類がありますが、この中でもFacebookなしで登録できるものは、手軽に始められるのが大きな利点ですが、その反面少し危険を伴っています。

では、具体的にFacebookなしで登録する婚活アプリにはどんな危険性があるのか、今回はそのことについて書いていきます!

Facebookなしで登録できる婚活アプリが危険な理由

Facebookなしで登録できる婚活アプリはなぜ危険なのか。

それは、

個人情報を紐付けないから

です。

これはどういうことかというと、Facebookありの婚活アプリではFacebookアカウントの情報から、

・実名
・生年月日
・居住地

を紐付けるのに対し、Facebookなしではそもそもその情報を抜き出すものがなくなるので、個人情報の紐付けが一切なくなります。

また、ほとんどのFacebook婚活アプリは、

・友達が10人以上
・交際ステータスが独身

という登録条件があるので、その条件さえもなくなってしまいます。

すると、

・サクラや業者、勧誘などの悪質なユーザーが登録しやすくなる
・年齢を偽って登録できる
・既婚者でも登録できる

といったことに繋がり、出会いの質が下がるだけでなく、最悪の場合トラブルや犯罪に巻き込まれてしまう可能性があるのです。

では実際にそのトラブルや犯罪とはどんなものなのか、それぞれ書いて終わりたいと思います。

サクラや業者、勧誘が登録しやすい

・他のサイトに誘導され、そこでアカウントを作らされ、そこで作った個人情報を売られてしまう
・他のサイトに有料登録させられ、高額な料金を払わされる
・ネズミ講やマルチ商法に巻き込まれ、高額商品を買わされたり、その会員にさせられたりする

年齢を偽って登録できる

・知らぬ間に未成年と出会うことになり、最悪の場合逮捕される

既婚者でも登録できる

・結婚詐欺にあう
・婚約破棄にあう
・不倫で訴えられる

最後に

というわけで、以上がFacebookなしで登録できる婚活アプリが危険な理由でした!

Facebookなしで始められる婚活アプリは、たしかにお手軽に始められて気軽に出会いを探せるというメリットはあるんですが、やはりそこにはデメリットがあるのも確かです。

ただ、Facebookなしでも大手企業が運営している婚活アプリであれば、そのほとんどが24時間365日の監視体制があるので、不正ユーザーはかなり減っていると思います。

それでも年齢を偽ったり、既婚を偽っている人までは見抜けないので、安全性を求めるならFacebook連携がある婚活アプリをおすすめします。